FC2ブログ

プロフィール

ルシファー

Author:ルシファー
修羅の国 在住
50代後半の引きこもり主婦です
旦那は どんづまり自営業
住宅ローンは後4年もあるぜ!
俺たちに明日はないかも?


  いつもありがとうございます


最新記事


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリ


リンク 「 友よ 」


最新コメント


楽天市場


美容と健康に


オススメ ハイボール


スポンサードリンク


オススメDVD


オススメコミック


 クレジットカード選ぶなら


ブランディア


ブランディア


  ここからの登録で250Pゲット


楽天市場

楽天市場

爽快ドラッグ

本•CD•DVD•ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

母親と娘の関係は微妙だ


やっとこさ、今年最後の3連休が終了した。


ダラダラと3連休を得意のTVウオッチングと自宅警備で終えたワタシの休み明けのミッションは、恒例の「勤労奉仕」だった。

やはり、3日間のほとんどをTVの前のコタツの座椅子に委ねきったワタシの緩みきった身体には、当然のことながら拷問と言っても過言ではない。

先週は、水曜日は友人との お出掛けで 木曜日が「勤労奉仕の日」だったが、金曜日より土曜日の朝の疲労感がハンパなかった。

ワタシだけかも知れないが、疲れが2日後に襲ってくるのは年のせいなのか?


今日のミッションは、必須任務の洗濯物の回収と納品、入院後2回目の自宅への帰宅同行送迎だ。

最近は、入院当時に比べたら随分 気力と体力が回復してきており、本人も入院生活に飽きてきたようで、再び自宅での生活を ほのめかすようになった。

しかしながら、母は うつ病と同時に軽度の認知症でもある。

ワタシとしては、デンジャラスな独り暮らしよりも何らかの施設等で セーフティーな余生を送ってほしいのだが

母の性格上の問題と施設にかかる費用(実際は預貯金と年金から十分出せる範囲)を鑑みるとGOサインは出そうにもない。

身体は、何ら特別な疾病は なく、頭も ボケきってない、団体行動が嫌いで、変にプライドだけは高い母。

ここだけで毒を吐かせてもらうが、本当に厄介だ。

嫌いではない。けれども、好きか?尊敬できるか?と言われると口ごもってしまうワタシが居る。


自分の母親を大好きで尊敬している方々から見れば、ワタシは悪魔にしか見えないだろう…きっと。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

関連記事
 | ホーム |  page top