FC2ブログ

プロフィール

ルシファー

Author:ルシファー
修羅の国 在住
50代後半の引きこもり主婦です
旦那は どんづまり自営業
住宅ローンは後4年もあるぜ!
俺たちに明日はないかも?


  いつもありがとうございます


最新記事


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリ


リンク 「 友よ 」


最新コメント


楽天市場


美容と健康に


オススメ ハイボール


スポンサードリンク


オススメDVD


オススメコミック


 クレジットカード選ぶなら


ブランディア


ブランディア


  ここからの登録で250Pゲット


楽天市場

楽天市場

爽快ドラッグ

本•CD•DVD•ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

ちと重いテーマでスミマセン


今日は、恒例の「往復約100kmのドライブ」という名前の勤労奉仕の日だった。


道路際の街路樹の葉も鮮やかな紅色や黄色に色づいて、 時折 吹き抜ける風が落ち葉が舞い散らせている。

わざわざ紅葉スポットまで行かなくても十分 紅葉を愛でられるワタシは案外シアワセ者なのかもしれない。

しかして、そうでも思わないとやっとられん!というのが正しい表現であろう。

母は今年の7月に3回目の入院をした。

心の病での入院なので、身体は そこそこ健康で命に関わる疾病は無い。

5年前に発症し、寛解と再発を繰り返す中、一昨年の秋に父親が倒れ入院し去年の春に亡くなった。

十数年前に脳梗塞を発症し言語中枢をやられてはいたが、後はいたって元気な父だった。

けれども、父親の介護が母のストレスになっての病の発症でしょう と大学病院の先生は言った。

それからの事は、いろいろあり過ぎて もうワタシには思い出して書く気力は無い。

ただ、母が心の病を発症した時には まあまあ元気だった父が あっけなく亡くなった。

ちなみに、父と母は同学年だ。

女性の方が平均寿命は長いから、当然と言えば当然なんだろうが。

亡くなる直前まで、父は矍鑠としていて父親の威厳を保っていた。

死にたい死にたいと言う母は今も生きているし、そこそこ元気で まだまだ生きていたかったはずの(ワタシの推測だが)父は、あっさり亡くなった。


いくら医療が進歩しても人間は自分の命を司る事は、できないんだろう。多分。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
日記・雑談 ブログランキングへ
いつもありがとうございます

関連記事
 | ホーム |  page top