プロフィール

ルシファー

Author:ルシファー
修羅の国 在住
50代後半の引きこもり主婦です
旦那は どんづまり自営業
住宅ローンは後5年もあるぜ!
俺たちに明日はないかも?


  いつもありがとうございます


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


カテゴリ


リンク 「 友よ 」


最新コメント


楽天市場


美容と健康に


オススメ ハイボール


スポンサードリンク


オススメDVD


オススメコミック


 クレジットカード選ぶなら


ブランディア


ブランディア


  ここからの登録で250Pゲット


楽天市場

楽天市場

爽快ドラッグ

本•CD•DVD•ゲーム

検索フォーム

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

若くなきオバサンの悩み


やべーよ!やべーよ!

なにやら、のっぴきならない事態に なりそうなのだ。


昨日、ケアマネさんから 様子見で母に面会に行きました〜 と電話が入った。

ケアマネさん「お母様、随分お元気になられて〜!お正月前には、退院して自宅に戻りたいとおっしゃってました〜!」

ワタシ「そうなんですよ。なんか入院生活に飽きてきたみたいで…でも、これから真冬になるから無理だよって、土曜日にも言ったんですけどね…」

ケアマネさん「私も、冬は温度管理された病院で過ごされて来年 暖かくなってから自宅に戻られた方がいいですよ〜って言いました〜。」

ワタシ「そうですよねぇ…」


またかよぉぉwwwwwww


昨年の2度目の入院の時も そうだった。

自分から大騒ぎして入院する癖に、ちょっと気分と体調が良くなると入院生活に飽きて退院したいと騒ぎだす。

そして、やっとのことで退院(病院側を説得するのはワタシとアネ)して しばらくすると、また自宅での暮らしにつまづいて入院したいと騒ぎだす母。

1度目の退院の時もドクターの説得が かなり大変だったが、それからの3年半の病院送迎と突然の呼び出しも結構な重責を担った。

いつ何時、呼び出しがあるかと思うと働くことも ままならなかった。

ちなみに、アネはフルタイムで仕事をしている為、どうしても自由が利く無職のワタシが呼び出される。

精神的に見えない鎖に繋がれているようだ というのは言い過ぎだろうか。

っていうか、軽度の認知症でもある母の独り暮らしは もう難しいと思う。

近いうちにアネを交えて三者会談を開催して、今後の事を話し合わなければならん。


ああ…また、悩ましい日々が訪れるのか…今でも十分悩ましいんだが。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます
 | ホーム |  page top